フェアトレード


フェアトレードご存知でしょうか?直訳すると「公正な貿易」という意味です。

現在のグローバルな国際貿易の仕組みは、経済的にも社会的にも弱い立場の開発途上国の人々にとって、時にアンフェアで貧困を拡大させるものだという問題意識から、南北の経済格差を解消する「オルタナティブトレード(もう一つの貿易の形)」としてフェアトレード運動が始まりました。

フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易の仕組み」を言います。

日本では途上国で生産された日用品や食料品が、驚くほど安い価格で販売されている事があります。一方、生産国ではその安さを生みだすため、正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され環境が破壊されたりする事態が起こっています。

生産者が美味しくて品質の良いものを作り続けていくためには、生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にも優しい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが重要です。

 

フェアトレード・ラベル運動
フェアトレードの明確な基準を設定し、それを守った製品にラベルを貼付して分かりやすく伝え、フェアトレードを広めていこう。というのがフェアトレード・ラベル運動です。

 

どんな産品があるのかというと、日本で大きな割合を占めるのはコーヒー、紅茶ですが、バナナ、チョコレートの原料となるカカオ、スパイス、コットン製品なども増えています。他にもナッツ・オイルシード、砂糖、ドライフルーツ、ジュース、大豆・豆類、米、キアヌ、野菜、木材、金などがあります。

 

日本でもフェアトレード市場は海外に比べると市場は小さいですが、取り扱う企業は増えつつあります。イオンや無印良品などが扱っており、スターバックスコーヒーは毎月20日にフェアトレードの日です。日本でも、フェアトレードの商品であふれる様な時代が来るかも知れませんね。

 

参照:フェアトレード・ラベル・ジャパン(FLJ)

http://www.fairtrade-jp.org/


3分でわかるフェアトレード (外部リンク)